HOME > 放射線理解に役立つ中学・高校等理科教員のための原子炉実験・研修会

放射線理解に役立つ中学・高校等理科教員のための原子炉実験・研修会

おかげさまで、8月3日は定員に達しました。7月25日もあとわすがで定員に達する見込みです。
ありがとうございます。
例年、若干名のキャンセルが生じておりますので、定員超過後は、キャンセル待ちのお申込みとして受け付けます。
都度、状況の連絡はさせていただきます。
近畿大学原子力研究所では、ほかに、2日コースの研修も募集中です。詳しくは、こちらをご確認ください。

「子どもたちに放射線のことを聞かれても、自信をもって返事ができない…」

この研修ではユニークなアプローチを実践します。
近畿大学には、民間初、また大学初の原子炉(近大炉)があり、1961年に運転を開始しました。
その、教育・研究用に設計された極低出力の安全性の高い原子炉を、見学し、自分で操作するという実体験を主に、放射線やエネルギー問題の理解に役立てていただければと考えています。
2022年は、研修カリキュラムを1日にし、2回開催いたします。

【おすすめポイント】
 1.原子炉の炉心を直接見られる
 2.リアル運転体験ができる
 3.運転中の放射線測定ができる
 4.中性子で撮影した写真(画像データ)がもらえる
 5.専門家からいろいろな話を聞ける

空き状況の確認・仮予約
*本申込の書式は、下の開催概要/申込方法にございます。

主なカリキュラム例

【見学】原子炉見学 【講義】原子炉の基礎 【実習】原子炉運転・中性子ラジオグラフィ

 

参加者には、別に オンデマンド学習教材 を提供します。
 ○放射線の基礎 ○放射線の利用 ○放射線の健康影響

原子炉実習
原子炉実習
原子炉周辺の放射線の測定
原子炉周辺の放射線の測定
講義の風景
講義の風景
ラジオグラフィ
ラジオグラフィ

開催概要

開催日

2022年7月25日(月)10:30~17:00

2022年8月 3日(水)10:30~17:00

希望日をお選びください。

定員

16名/回

*定員になり次第、ホームページで締め切りをお知らせします。

*希望者多数の場合、初めて参加される方を優先させていただくため、既参加者の方にご遠慮いただく場合がございます。

場所

近畿大学原子力研究所
大阪府東大阪市小若江3丁目4番1号

実施ご案内はこちら(PDF)

対象

中学校・高等学校等理科教員

*理科担当の教員以外の方(社会や総合学習など)、教員を目指す学生の方のご参加も受け付けております。

申込方法

下記ボタンから「申込用紙(Excelファイル)」をダウンロード・保存し、必要事項をご記入のうえ、メールまたは、FAXでお申し込みください。

申込用紙(エクセル)

申込先

【メールで申し込む】

  E-mail:info@kangenkon.org

 <注意事項>

  メールの件名は「教員研修」としてください。

【FAXで申し込む】

  FAX番号:06-6441-3683